KAPLA、ぱりんこCMに登場!

既にテレビでご覧いただいら方もいらっしゃるかもしれませんが…

 

三幸製菓株式会社の「ぱりんこ」のCMにKAPLAが登場!

蒼井優さんが子供達と一緒に遊ぶシーンでKAPLAのナイアガラの滝が映っています。

東京のKAPLAジャパンが撮影協力を行ったそうで、
三幸製菓株式会社の公式ホームページではCMはもちろん、メイキング映像もご覧いただけます。

「ナイアガラの滝」の作り方も一部登場していますので、是非ご覧いただき、挑戦してみてください。
これからもカプラの輪が広がっていくことを願い、弊社は「KAPLA関西」として関西地域を盛り上げてまいります!

 

広告

【研修会レポート】安田式体育遊びステップアップ講座 7/31

名称未設定.png

先日7/31(月)に、がんばりまめの杜(滋賀県大津市)にて安田式体育遊びステップアップ講座が開催されました。

この日の滋賀県大津市は大変な猛暑となりましたが、80名もの先生方にご参加いただきました。全国からお越しいただいた先生方、本当にありがとうございました。<

さて、今回のステップアップ講座は、以前の記事でもご紹介しました通り、遊びを生み出していくワークショップスタイルの研修会です。

この記事では、簡単にはなりますが当日の様子をお届けしていきます!

 

【概要】
研修会名:安田式体育遊びステップアップ講座
日時:7/31 13時~18時
会場:がんばりまめの杜(滋賀県大津市)

【研修会テーマ】
1.概論
2.達成させたい目標と自園の環境に合わせた「サーキット」を考えよう
3.子供を熱中させられる「指導案」を作成しよう
4.自園の現状と目標について

 

_MG_4495.jpg

まずは、安田式体育遊びの概論からはじまります。
普段の研修会でお伝えしている内容を含みながら、遊びに「ねらいと目当て」を持たせる大切さや、自園にあった形にアレンジする方法、新しい遊びを生み出すための考え方について動画を交えながらお伝えしていきます。

 

_MG_4573.jpg

次の時間では、遊びの考案キットを使って実際に回遊サーキットを考えます。
今回のお題は、「マットとフープを使ったサーキット」。
隣の席の参加者とペアを組み、子供の動きをイメージしながら様々なパーツを自由に配置していきます。先生方がとにかく楽しそうで、どのペアも夢中でパーツを動かしていました!

 

_MG_4517.jpg

意見を出し合いながら、遊びを形にしていきます

お互いのアイデアが手元で形になっていくだけでなく、簡単にイメージを共有出来るところが面白いですね。

そして、「我こそは!」というペアには、プロジェクターに配置図を写して発表していただき、それに対して講師がアドバイスをしていきます。

名称未設定.png
他のアイデアを見て、深い頷きやメモを取る先生の姿があちこちで見られました。
同じ用具・器具を使っても、こうして生まれた遊びは本当に十人十色で、どれも子供が楽しく遊ぶ姿が目に浮かぶようです。

その後は「指導案展開シート」や「自園の目標と現状についてシート」にも触れていき、最後は終了時間いっぱいまで質疑応答となりました。

 

終了後、受講された先生方より、

「自分達で遊びを生み出す楽しさを知りました」

「早く子供達に会いたくなりました!」

「遊びをただ実践するのでなく、園にぴったりの形に変えていくのが保育士の役目ですね」

「遊具のイラストキットやワークブックを、園でも活用していきます!」

といった嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

ご参加いただきました先生方、本当にありがとうございました!

 

 

今月も下記の日程でステップアップ講座を開催予定です。

8月21日(月)
8月22日(火)
8月24日(木)

▼▽お申込みはこちら▽▼
stepup

ステップアップ講座、まもなく開催!

扇風機を使おうか、エアコンをつけてしまおうか、
自宅で悩みながら汗をかいている水谷です。

いよいよ7/31に「ステップアップ講座」が行われます!

ステップアップ講座は遊びの指導案を実際に作成したり、
園庭やホールの図面に遊具を配置して回遊サーキット図を完成させるなど、
手を動かしながら考えるワークショップ形式となっており、
グループで意見を交換しながら、子供達がもっと夢中になるような遊びも考え出していきます。

園の環境は様々ですが、それぞれに合った遊びを自由に構成する力を先生方に身に付けていただきたい!
それが今回の研修会のテーマです。

当日お配りする資料も「ワークブック」となっており、回遊サーキット例、遊びのホップステップジャンプ、指導案展開シートなどが多数掲載されていて、研修会終了後も長くご活用いただける内容です。

更に今回は、「体育遊び考案キット」を、付録としてご用意いたしました!

IMG_0770.JPG

実際に遊具や器具を動かして、サーキットを考えてみたり…

安田式遊具はもちろん、跳び箱やマット、フープや玉入れの玉などの体育用品が
50分の1サイズと100分の1サイズで厚紙に印刷されています。

ハサミやカッターを使って切り抜いて、机の上などで自由に並べて使います。
回遊サーキットや遊びの環境構成を考える時に大活躍間違いなしです。

遊具や用具を活用して、限られたスペースでも子供達を熱中させる方法を知りたい!
園に合ったより良い遊びの環境を作り上げたい!…など
そんな思いをお持ちの先生方、是非ご参加ください。

また、当日ご参加の皆様はお気をつけてお越しください。

▼▽お申込みのご案内はこちら▽▼

stepup.jpg

けん玉サンタプロジェクト

突然ですが、皆さんは「こども食堂」をご存知ですか?

最近では様々なメディアで取り上げられることが多く、ご存知の方が増えてきているかもしれません。
「こども食堂」とは一般的に、地域の大人が子どもに無料や安価で食事を提供する、民間の取り組みです。
貧困家庭や孤食の子供に食事を提供し、安心して過ごせる場所として始まり、
最近では地域 全ての子供や親、地域の大人など、対象を限定しない食堂が増えているようです。

そんな「こども食堂」に「けん玉」を届けるという支援プロジェクト

「けん玉サンタプロジェクト」

けん玉サンタプロジェクト.jpg

弊社取扱いの「マイけん玉」の製作会社さんから、お話を伺いました。
ご興味のある方は是非こちらをご覧ください。

誰かがけん玉をやり始めると、自然と輪ができ、
大きな子が小さい子に教えたりしているそうです。

「家で一人で食べるより、みんなでワイワイ食べて遊んでほしい!
”けん玉支援”を広げて全国の子ども食堂の子どもたちに笑顔を届けたい。」

この想いが形になり、多くの子供達が健やかに育つきっかけになると良いですね。

【けん玉関連情報】
今週末、22日(土)、23日(日)に「けん玉ワールドカップ」が広島県廿日市市で開催!

もしもしかめよ、かめさんよ♪

もしもしかめよ、かめさんよ♪
と歌いながら大皿と中皿にリズムよく玉をのせられるようになってきた水谷です。

弊社スタッフは「マイけん玉」発売の1月頃に、全員名前入りのけん玉を手にしたのですが、
私はけん玉初心者だったので、初めはうまくいかず、悔しい日々が続きました。

「もしかめ」1曲歌いきったら寝るぞ!と決めた日には、
なんとしてでも成功させたいという思いから、深夜になってしまうこともありました…

他のスタッフもちょっと休憩中に…と始めると止まらず
真剣にけん玉と向き合う大人の姿が社内のあちこちで見られます。

けん玉楽しいな.png

「飛行機」に挑戦中!

大人でも夢中になってしまうけん玉。
実は今の形になったのは日本発祥で、けん玉パフォーマーは「クールでカッコいい!」と
世界的な広がりも見せているのだそうです。

たかがけん玉、されどけん玉。

全身を使って、神経を集中。
失敗した時の悔しさから、何度も挑戦したくなり、
成功した時の喜びは大きな自信へと繋がります。

けん玉を話題にあちこちでお話を聞いてみると、
最近では音楽に合わせてけん玉の技を披露している小学校や園もあるそうです。

弊社スタッフも日々鍛練中です!
是非、皆さんも好きな色の玉にロゴや文字をプリントして
マイけん玉をつくってみませんか?

そして、子供達と一緒に、「できた!」の心地良い達成感を味わってみませんか?
kendama@2x.png

研修会もホップステップジャンプ

暑い日が続き、ついついアイスクリームに手を伸ばしてしまっている水谷です。

そんな暑さを超える、もっと熱い安田式体育遊び研修会が全国各地で開催中です。
この春からは、2部制を更に3部制へと拡大し、
第3部では「幼児上級・小学生」をテーマにお届けしています。
先日、大阪会場へ受付に行ってまいりましたので、その時の様子を一部ご紹介いたします。

会場には100名以上の先生方が駆けつけてくださいました。
受付にたくさんの方が並んでくださり、お待たせしてしまわないようアタフタしてしまいましたが、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
たくさんのご参加ありがとうございます!

研修が始まると、皆さん真剣な表情。
時には大きな笑いに包まれる場面もあり、会場全体は和やかな雰囲気でした。

研修は遊び等をイメージしやすいよう、映像を中心としており、
年齢発達に応じた様々な遊びを体系的にお伝えしていました。

第3部では「幼児上級・小学生」ということもあり、少し難しいかもしれない…
と身構えてしまう先生もいらっしゃいましたが、
遊びを発展させていく(ゲーム性を持たせる)ことによって
先生主導から子供主導の遊びに変化させていく、
という点においては、1部・2部と繋がっていてわかりやすい内容でした。
また、遊びの中では、仲間を応援したり、競争したり…
身体の育ちはもちろん、心も育くんでいくことが重要なポイントです。
競争をして勝ったチームから自然発生する「喜びの舞」は何度見ても楽しそうで、
気持ちの良い映像ですので、お見逃しなく!

そして、特に印象的だったのは
小学生も「気持ちいい!」「楽しい!」を繰り返し味わうことで、
心が満たされ、ストレスが減り、
「いじめ」や「わるさ」をする子が少なくなるのではないか
という内容です。
まさにその通りだと思い、多くの先生方と一緒に深く頷いていました。

いくつになっても、夢中で何かに取り組める時間を大切に…。
子供の頃から出来るだけ多く、そんな経験をさせてあげられたら素敵ですね。

研修会後には「明日から、実践してみます!」
そんなお声もたくさん頂戴し、遅い時間にもかかわらず、
元気に会場を後にする先生方の背中はとても頼もしく見えました。

まだまだ全国研修会のお申し込み受付中です!
夏には前回ご好評いただいた、2日間で10時間の体育遊びをとことん学べる「集中講座」、ワークショップを中心とした新講座「ステップアップ講座」を開催いたします。
皆様のご参加、お待ちしております!
詳細はこちら

KAPLA日本記録更新!!

先日ブログで告知をしていたテレビ番組「GENERATIONS No.1~ジェネワン~」を皆さんご覧になられましたでしょうか?
滋賀県では放送がなく残念でしたが、高さ積み日本記録を更新したという嬉しい知らせがありました。詳細はこちら

記録はなんと、13m15cm!
以前までの日本記録は12m85cm
世界記録17m60cm(マンション6階相当/inアメリカ)

この記録はダンス・ヴォーカルユニット「GENERATIONS」のメンバー4名が約7時間かけて達成しました。
「起きる」積み方で換算すると548枚分積んだことになります。(下記の写真の積み方が「起きる」です)
集中力はもちろん、体力も必要で、少しのズレが後の明暗を分ける、とてもシビアな世界です。
積む人だけでなく、周りもきっとドキドキしながら息を呑み、そっと見守っていたことでしょう。

この知らせを聞いて、「私たちも関西で挑戦したいっ!」と盛り上がっていたところ
「小学生も頑張ってるよ!」とスタッフがとある児童館での話をしてくれました。

毎年ワークショップをお呼びいただいている児童館さんで、
先日は子供達が一生懸命高さ積みの記録に挑戦して、5m近くまで積み上げたので、
思わず写真に収めたそうです。

目指せカプラ日本一①.jpg目指せカプラ日本一②.png

子供達の作品はバスケットゴールの高さを超えて、天井にも迫る勢いです。
GENERATIONSの打ち立てた記録はこの写真の約2.5倍以上の高さなので、一層すごさを感じます。

この子たちは毎年、下級生へ「次は君たちがこの高さを超えるんやぞ」とバトンを繋いでいるそうです。
子供達の高さ積みへの熱い情熱、意思を繋いでいくという児童館の伝統が伺える素敵な言葉ですね。

なかなか室内で天井が高い場所は少ないかもしれませんが、是非日本記録、いや世界記録に挑戦してみたい!という熱い思いの方がいらっしゃいましたら、一緒に挑戦したいと思っています。
今度は関西から日本記録(世界記録!?)樹立を目指しましょう!
皆様の挑戦、お待ちしております!!

カプラWSのご案内はこちら