安田祐治先生 お別れの会

安田式体育遊び指導法と安田式遊具の考案設計者である安田祐治先生が、平成29年6月23日に享年98歳でご逝去されました。

去る9月18日に行われた「安田祐治先生 お別れの会」に、エール株式会社スタッフ一同も参会させていただきました。

unnamed.jpg

会場には、安田先生を慕うかつての教え子の方、小学校教諭・教育委員会・校長時代や体操競技会で親交のあった方、今もなお教育現場の最前線に携わる方など、200名を超える方々がお集まりになりました。

式典では代表3名の方からお別れの言葉が述べられました。
安田祐治先生「お別れの会」実行委員会実行委員長・公益財団法人外あそび体育遊具協会代表理事 吉川静雄
京都市長 門川大作
京都市学校園体育関係教職員団体代表 土田謹一 (敬称略)
安田先生との出逢いや共に過ごした時間を懐かしむように、一言一言を噛み締めながら、安田先生に優しく語りかけておられました。

献花の際には、私達スタッフでお花を参列者の方々にお渡しする役を務めさせていただきました。
集まられた方一人ひとりが、ゆっくりと安田先生を見つめ、お別れのご挨拶をされました。

unnamed-1.jpg

式典後の食事会では、ゆかりのある方々が壇上で安田先生との思い出をお話されるなか、各々もお食事しながら思い出話に花を咲かせておられました。
「悲しみよりも感謝の気持ちが大きい」と仰る方が多く、涙よりも笑顔が溢れるとても温かい空気に包まれた、素敵な会でした。
また、安田先生のご息女の挨拶では、「お別れではなく、父は皆様の心の中で生き続けているのだと思います」という言葉もありました。

お別れの会とは思えないその温かい空気は、安田先生が歩んでこられた人生そのもののようで、明るく前向きで、多くの人を愛し、愛されたからこそ生み出されたと感じずにはいられません。

unnamed-2.jpg

unnamed-3.jpg

今回、ご参会の方々のたくさんのお言葉の中から改めて私達が感じたことは、安田先生の教育者としての偉大さです。
どの方も口をそろえて言われる教育者としての安田先生は、いついかなる時でも目の前の人に、それが子供でも大人でも、全力で伝えるということに生涯を通して真摯に向き合ってこられた、大きく深い、愛と情熱を持った方でした。
だからこそ、これほど多くの方に長い歳月を経ても影響を与え、慕われ、離れていても、皆さんの心に安田先生の教えはいつもあるのだ、ということをひしひしと感じました。

安田先生が生涯をかけて情熱をもって生み出された「安田式体育遊び指導法」と「安田式遊具」を、次世代の子供達と全国の先生方にお届けするという私達の使命を改めて自覚するとともに、これからも一層尽力していきたいと決意を新たにいたしました。

「たくましく元気な子供を育みたい。」

これからも私達は、この思いと共に全国各地へお伺いさせていただきながら、日々精進してまいります。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

平成29年9月30日
エール株式会社
スタッフ一同

広告

安田祐治先生 お別れの会」への2件のフィードバック

  1. 遅くなりましたが、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
    そして、すばらしい遊具と運動遊びに出会わせていただいたことに感謝しております。
    遠く離れた福岡ではありますが、先生の思いを繋いでいけるよう、これからも研修を積んで参ります。

    • さくら保育園 副園長 栗山道子先生

      コメントありがとうございます。
      私達も安田先生と出会い、このような事業をさせていただいていることを大変感謝しております。
      これからも安田先生の思いと共に全国へ伺いながら、精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

      エール株式会社 スタッフ一同

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中